遠距離中だからこそ浮気をする人が多い!浮気のサインに気付こう

遠距離中は特に注意!浮気の証拠をつかむ方法とサイン

遠距離は難しい

すぐに会える距離じゃないので、気持ちの問題でお互いが衝突することはあるでしょう。遠距離がなぜ続かないのかという面では、原因がいくつか考えられます。

遠距離が続かない原因

no.1

すれ違い

会いたい時に会えない上に、相手の仕事が忙しくて連絡もままらないという状態は、すれ違いが生まれる要因の一つです。この状態を解消しない限り、二人の関係は冷めてしまうでしょう。

no.2

自然消滅

会う回数が少ないのは、遠距離恋愛のデメリットです。最初のうちは月1で会っていたとしても、なんとなく会わなくなって自然消滅していたということはよくあります。またその裏では、浮気相手の存在があったということを後で知る場合もあります。

no.3

気になる異性ができた

彼氏彼女がいるのに別に気になる人ができたというのは遠距離関係なくあります。しかし、寂しさ故に近くの人に甘えてみたり、頼ってみたりして気づいたら好きになっていたということは珍しくありません。

no.4

付き合うのが億劫になった

相手が何をしているのかがわからないと不安な気持ちに駆られてしまいます。例えば、連絡がすぐにとれないと浮気を疑われたり、毎日のように続くメール交換に嫌気がさしたりなど、付き合うのが面倒になりそのまま分かれてしまう人もいます。

no.5

会うのにお金がかかる

電車で一時間のところならいいですが、飛行機を使わないと会えない場合は交通費だけで数万円かかってしまいます。かといってすぐ一緒になることも難しいでしょう。自分の生活もありますから、お金の問題が影響して長続きしにくくなります。

遠距離中だからこそ浮気をする人が多い!浮気のサインに気付こう

カップル

遠距離中は浮気が多い

気軽に会える距離じゃないのが浮気しやすい環境を作っているといえるでしょう。連絡が取れなくても「仕事が忙しい」「疲れて寝ていた」という風に理由を付ければ、相手に浮気を疑われる心配はありません。しかし、すれ違いや相手と付き合うのが億劫になっている時は、浮気に走りやすい傾向があるので注意が必要です。

浮気を見抜く方法

以前より連絡をする回数が減っている、無視されることが多く返事があっても素っ気ない、服の好みが前と違うなどの変化は、浮気のサインかもしれません。また、休みの日に会いたがらないようなら危険度マックスでしょう。

探偵に協力を要請する

自分で証拠を掴んだとしても、相手が浮気を認めない姿勢ならどうすることもできません。物的証拠を残すためには、浮気調査に強い探偵の力が必須となるでしょう。費用はかかりますが、遠距離中に何をしているのか、どんな人と浮気をしているのかという見えない部分を知るチャンスです。